NEQTO Engine

CPUシステムの組込みサブスクリプションライセンス高速、 低消費電力でデジタル化に価値を。

モノづくり企業のデジタル変革を加速

IoTの製品化において、ソフトウェアおよび組み込みソフトを開発することは、開発費だけでなく開発期間の面でも大きなハードルになる可能性があります。IoTをビジネスで活用するには、セキュリティや大量のデバイスを遠隔で制御できる機能など様々なアプリケーションが必要となります。NEQTO Engineを使えば、それらを効率化しコスト削減、開発期間の短縮に繋がり、あらゆるハードウェアをデジタル変革することができます。

Console アクセス

Console アクセス

NEQTO Engine デバイスがNEQTO Consoleからすぐに遠隔管理が可能です。さらに、デバイスが簡単に業界をリードするクラウドプラットフォームに繋げられ、リアルタイム監視から機械学習分析まで、無限の可能性を 引き出します。

セキュリティ

セキュリティ

セキュリティを念頭に置いて設計されたNEQTO は、OWASP IoT Top 10に挙げられている外部からの攻撃や不正アクセスなどに対応しています。エンドツーエンドの暗号化や暗号化された環境変数などの機能により、データが安全であることを簡単に知ることができます。

FOTA

FOTA

ファームウェアを遠隔でダウンロードおよび書き換えできます。また、NEQTO Engineは、接続されているデバイスのファームウェア更新することもできます。FOTAなどの機能を使用すると、接続された全てのデバイスを最新かつセキュアに保つことが できます。

JavaScript

JavaScript

NEQTO Engineで組み込みデバイスをJavaScript(JS)で開発できます。NEQTO EngineのJSで物理 アクセスのインタフェースのAPIもあるので、NEQTO Engineが対応している他のデバイスでも開発したコードが利用できます。 NEQTO のJSライブラリを使用すると、センサー取得やハードウェアを制御するための複雑なコードを記述するのではなく、ビジネスロジック集中できます。

開発済みのIoTモデルを使用し、すぐに開発

NEQTO Engineは、ハードウェアを製造するメーカー、サービスプロバイダー、プラットフォーマー、データサイエンティストなどのニーズを満たすために、CPUに搭載済のEngineライセンスのみ提供することができます。最小限のハードウェアアーキテクチャでコストを削減し、ハードウェア回路、ネットワーク通信、クラウド管理の仕組みご利用いただくことができます。 短期間で開始でき独自のソリューション構築できます。

CPU chip

多くのIoTを構成する主要アプリケーションには、ハードウェア回路、ネットワーク通信、クラウド環境などの開発項目が共通のニーズがあります。そのような機能を持つアプリケーションを開発するとき、事前に開発されたIoTモデルから始め、特定の用途に合わせてカスタマイズという方法を取れば、短期間で開発できます。

NEQTOではARM® Cortex®向けに最適化された様々な共通APIを開発済みのIoTモデルとして提供しています。少しの設定と環境を決定するだけで簡単に自社のIoTプロダクトを迅速に構築することができます。

CPUライセンスについて詳しく知る

NEQTO Engineは、あらゆるプラットフォームに接続

NEQTO Engineは、グローバルで展開されているクラウドプラットフォーム向けにデータ接続とデータ転送を可能にします。お好きなクラウド環境に迅速に簡易に接続するためのライブラリ用意しているので、オリジナルのデータプラットフォームを構築できます。

エッジ、クラウドのライブラリリストを見る