NEQTO Machine Driver

他に類を見ないスクリプトマネジメントでビジネス効率を演出

Machine Driver

Javascriptエンジンとエッジコンピューティングの融合

NEQTO には、neqto.js の中にJavascriptエンジンが利用できる代表的なソリューションとして、Machine Driverという特長的なサービスあります。Machine Driverとは、大規模なファームウェア開発が不要で、IoT化したいデバイスハードウェア機器のファームウェアを、後付けで書き換えられることができる、エッジコンピューティング管理メカニズムです。

個別のファームウェア開発から解放されます

Machine Driverは、NEQTO コンソールで生成されたわずか数キロバイト程度の軽量なスクリプトファイルよって、NEQTO Engine上にあるJavascriptエンジン介して、IoT化したい機器のファームウェアスクリプトに置き換えて更新することができます。から追加された機器に対して、その都度ファームウェアの再設計、再構築、再評価に時間を費やさなければならなかった従来の方法から解放され、新しいビジネスロジックの開発だけに集中できるようになります。

ファームウェア開発から解放されます
作業をスクリプトで置き換えます

人の手で行っていた作業をスクリプトで置き換えます

ネットワークに接続されていない機器は、現地訪問してバージョンアップをするのか、または機器にネットワーク機能を付帯させる必要があります。Machine Driverで接続できている機器のソフトウェアバージョンアップは、現地の機器に新しいソフトウェアを更新するための訪問を必要とせず、家からでもオフィスからでも場所に縛られない、リモートワークの働き方をご自身でご選択いただけます。

通信機能

今あるファームウェアを変えないで、通信機能がつけられます

すでに開発したハードウェアやデバイスのファームウェアに後から通信制御のソフトウェア入れることは、お客様のビジネス影響や開発コストとって大きな決断が必要になります。一方、Machine Driver は、今あるファームウェアの変更をせずに、OTAやお客様自身のソフトウェア更新などに必要不可欠な通信機能を後から組み込むことが可能となり、コアビジネスに影響しないサービス開発を、助長させる役割を担います。

強固なセキュリティ

設計された強固なセキュリティサービスとして利用

NEQTO は、すべての操作がNEQTO コンソールからのみ操作ができる仕様となっています。Machine Driverをご利用した場合でも、IoT化された機器からクラウドの間は改ざんや漏洩に対して非常にセキュアな通信のアルゴリズムサービスとしてご利用いただくことができます。大事なサービスへの心配事なくなり、セキュリティに関連する開発や継続的な保守の負担を限りなく軽減できます。

スクリプトを使っていろいろな応用

スクリプトを使って、いろいろ応用ができます

稼動中のIoTシステムに、例えばConfigファイル書き換えコマンド入力により設定を変更したい状況あります。NEQTO で採用されているJavascript特有の要素技術を活用すれば、通常の動作スクリプトとは別のスクリプトを割り込ませて実行することができます。これらスクリプトは、すべてNEQTO Console上でいつでも、自由に追加、編集できるため、さまざまな状況や利用用途合わせたカスタマイズ機能として、業務効率向上を助長させる役割担います。

サービスプラン、ソリューション、お見積りなど、下記フォームよりお問い合わせください。